本文へジャンプ
 

東通工の沿革
 Company Profile   
  次世代に向けたエネルギー革命を目指し
マグネシウム(Mg)電池の研究開発事業、海水等からのマグネシウム抽出事業
太陽光とマグネシウムを用いたエネルギーと水の循環システム事業
LEDを搭載した照明機器の開発事業等を行う
 History  2013年2月8日   会社設立 資本金 190,000円
横浜市港北区綱島に本店設置

LED搭載Mg電池の開発開始(Type-P)
   2013年3月 特殊用途向けMg電池の開発(Type-P)
 新機構Mg電池の開発着手(Type-R)
研究所開設
   2013年7月 資本金増資 7,090,000円
 資本準備金 7,000,000円
   2014年6月

資本金増資 7,785,000円
 資本準備金 7,000,000円

   2014年7月

次世代Li-ion電池としてのDr.Ozawa電池の開発が完了

   2014年10月

資本金増資 67,785,000円
 資本準備金 57,000,000円

  2015年4月  横浜市中区山下町に移転
  2017年7月  津波・原子力災害被災地雇用創出企業に採択

.

  取引先金融機関

  三井住友銀行   横浜中央支店
  みずほ 銀行    横浜中央支店
  横浜信用金庫    綱島支店


map_j




 東通工株式会社 / Totsuco Incorporation

 〒231−0023 神奈川県横浜市中区山下町31ベイサイド上田ビル4F
4F Bayside Ueda Bldg., 31 Yamashita-cho, Naka-ku, Yokohama City, Kanagawa, Japan 231-0023